只見町布沢ログ村の山小屋
平面図山小屋の四季
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
@そもそもの始まりは、山登りだった。
1992年10月に志津倉山に登ってブナの黄葉の美しさにびっくり。東京近郊の山では見られない自然の元気さ、豊かさがあった。 この地域のブナの山を写してみよう。そのためにはベースになる小屋がいる。ということで、小屋を探し始めた。

A只見町で「本と土地を交換する」事業で知られていた「たもかく」(只見木材加工協同組合) でログハウス小屋を取り扱っていたので、1996年春に契約をする。場所は布沢地区のナラ林、通称「布沢ログ村」。

B一番小さな規格品の角ログで、豪雪対策として土台のコンクリと建物と高さを増やしてもらう。1996年夏に着工して秋(9/25)に完成、 以後月一回3泊くらいの南会津通いを続けている。

布沢川左岸の崖の上は、天然のナラの林になっていた。ここに小屋を建てたので 太いコナラの木を何本か切らなけらばならなかったのが、ちょっと残念。


出来立ての小屋、入口(北東面)

ベランダ側(南西面)

戻る 平面図へ


""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""