山の出来事


第8話:登山口のトイレ再建(南会津町・駒止湿原)‐(2006年10月11日 掲載)


駒止湿原入口駐車場のトイレ 2006年7月11日撮影

横から見ると、豪雪で屋根がひしゃげて使用禁止 2006年7月11日撮影

駒止湿原の南会津町(旧田島町)側入口の駐車場には、上の写真のようなトイレがありましたが、2005年12月〜2006年3月の豪雪で 屋根が壊れて使用禁止になり、簡易トイレが設置されていました。
駒止湿原は尾瀬のように上り下りがないので、ハイキングコースというよりは観光地。 気軽に湿原の花が見られるので人気が高まり、年々大型バスの観光客が増えています。 ミズバショウやニッコウキスゲが咲く季節や紅葉シーズンは混雑するので、きちんとしたトイレがないと環境面にも影響がありそうなので、 町としてもトイレの再建を急いだようです。駒止湿原は今が紅葉の見頃で、しばらくすればシーズンオフ、雪が降る前に完成しそうですが、 新しいトイレの使用は来年からになりそうです。
それにしてもシーズン中は人が多すぎてゆっくり撮影ができなくなってしまったので、シーズンを外すか、他に撮影地を探すかしなければならないかな、 と思っています。


急ピッチで再建が進むトイレ 2006年10月5日撮影

戻る