山の出来事


第13話:天気の変わり目‐(2007年2月19日 掲載)



奥多摩・高岩山展望台から御岳山 2007年2月18日撮影

 東京マラソンが行われた2007年2月18日(日)は、激しい雨降りの朝でした。奥多摩のサルギ尾根をみんなで歩く予定でしたが、 雨天中止。登山の用意はしてあったので、御岳山の雪景色を期待して一人で高岩山の展望台まで出かけてみました。
 御岳山ケーブルを降りたのが9:30頃、御岳山も暖冬で春のような陽気、雪の気配すらありません。朝の雨でハイカーも 少なく、閑散としていました。すでに小雨になっていましたが、霧が懸かって景色は真っ白。 11:25、高岩山の展望台着。まだ霧が懸かっていましたが、風に吹かれて周りの山が薄っすらと見え始めていました。 少し待てば雲間から山が姿を現しそうなので、ゆっくり昼食。
 風が強まって冷えてきましたが雲の動きが目まぐるしく、山容が現れたり煙ったり。1時間30分ほど見続けました。雲間に御岳山の頭が出て印象的な光景も出現しました。 その後は青空が広がり、いい天気になりました。
  天気の変わり目に巡りあったら、我慢して見続けていると、面白い光景が見られるはずです。


霧で何も見えませんが、この方向に馬頭刈尾根が連なっています。

霧が流れる高岩山の三角点ピーク。

戻る