山の出来事


第11話:消えた登山道(武甲山)‐(2006年12月30日 掲載)



武甲山登山口の碑 2006年12月28日撮影

武甲山の北西山麓の丘陵地に琴平ハイキングコースが整備されています。秩父市の羊山公園から秩父鉄道の影森駅か浦山口へ到る 3時間ほどのコースです。そのほぼ中間点にこの「武甲山入口」と彫られた登山口の碑が置かれています。
現在は石灰岩採石のため途中で通行禁止になっていますが、この登山道を少し歩いてみました。小沢沿いに植林地をゆるやかに登っていく コースで、手入れされていないので倒木や朽ちかけた丸木橋などがあって、ワイルドな感じでした。機会があったら、登れるところまで行ってみたいと思っています。
現在は南東の生川から登るコースが表参道になっていますが、本来はこのコースが秩父の人たちが登った表参道、という感じがします。


武甲山の旧登山道

この道はどこまで登れるのだろうか?

戻る