山の出来事


第10話:山の後ろは採石場(東丹沢・西山)‐(2006年11月15日 掲載)



西山の尾根を削る採石現場 2006年11月15日撮影

東丹沢の仏果山−経ヶ岳から南下する尾根上のピーク、華厳山−高取山一帯の山並みを東麓の荻野の人たちは「西山」呼んで 親しんでいました。西山の尾根道は厚木市道で、天然林や展望が楽しめるハイキングコースでした。が、山影で採石をしていた 業者のために、厚木市は尾根の市道の指定を外し、付け替え道を作って、西山の尾根を削る採石を認めてしまったので、 日々尾根が、山が削られています。
この砂利で高速道路を造るのか、高層ビルを造るのかは判りませんが、箱物行政は各地で破綻しているようです。 自然を残し、未来をになう子供たちにこそ予算を使う時代なのに、今だに大規模土木工事に頼っているのはちょっとおかしい、と思います。
この採石現場の真後ろには新宿の高層ビルが見えているので、南西の風が吹けば粉塵が直撃します。都民の健康を考えてディーゼル排ガスの 除去装置を着けた車しか都内に入れないし、花粉の少ないスギに植え替えている石原都知事なので、西山の粉塵で都民の健康被害が出れば黙ってはおれない はずです。が、圏央道を推進しているので、どうなることやら…


高取山稜線上にある厚木市の文化財・発句石

今日も天気だ、江ノ島が近い―高取山頂上近くから

戻る