『天地創造』
2005/11/2=67点


エルンスト・ハースは(1921-1986)はカラー写真によって創造的な作品を制作した最も優れた写真家の一人です。 1953年の『ライフ』誌に発表された初めてのカラー写真によるフォトエッセイ「魔法の都市ニューヨーク」、 1956年の幻想的なカラーによる「ヴェネツィアの反映」、そして1971年に天地創造をテーマにして発表された 「ザ・クリエイション」などの代表作です。

『The Creation  天地創造ーエルンスト・ハース写真集』(1993年5月 小学館)は 色彩の魔術師が捉えた美しい地球と生き物たち、地球誕生から人間誕生までの壮大なドラマを写しとめた、 ネイチャー写真集の金字塔といわれています。

このエルンスト・ハースの「ザ・クリエイション」を参考に、日本の天地創造に挑戦しながら写真の整理を していくつもりです。新しい日本のネイチャーフォトが見えてくるのでは、という期待をもっています。 ライフワークのつもりで、少しづつ進めていきます。


『天地創造』