フォトCD 制作室


南会津ファンタジー「ブナの森と湿原と」
山の自然の中を歩いていると、可憐な花が咲いていたり、巨木に出会ったり、小鳥と目が合ったり、 と楽しいことがいっぱいあります。このような出会いに満ちているやさしく、きめ細やかな日本の自然は、 開発によって少なくなっています。
福島県西南部の南会津地方は開発からも見放されたような豪雪地帯、ブナの森を中心に本来の 自然がいっぱいあります。南会津の山を歩けば、面白いことだらけです。そんな山歩きで写した 写真を、整理しながらまとめていこうと考えています。
驚きと面白さが撮影のテーマ、権威主義的な山岳写真には興味がないので、どのようにまとまっていくのか 不透明です。
Webスペースの関係で、削除更新を繰り返すことになりますので、ご了承ください。


南会津ファンタジー『ブナの森と湿原と』

【目次】


はじめに


第一章:白い春

第五章:夏から秋へ
(1)3月の雪
(2)残雪の山
(3)陽春のブナ
(4)まず咲く
(5)雪面の落し物
(1)秋めく山
(2)初秋の花と赤い実
(3)色づきはじめたブナの森
(4)キノコの季節
(5)草紅葉
第二章:芽生えて芽吹いて第六章:色とりどりの山
(1)芽生える力
(2)つぼみがみんなふくらんで
(3)春の湿原
(4)ブナの芽吹き
(5)山笑う
(1)山装う
(2)ブナの森爽秋
(3)落ち葉の道
(4)白い湿原
(5)初雪
第三章:緑が滴る第七章:雪に埋まる
(1)雨季のブナの森
(2)緑の湿原
(3)雨季に咲く
(4)大発生
(5)梅雨明け
(1)雪が降る
(2)山眠る
(3)白いブナの森
(4)冬の樹木
(5)冬の種々相
第四章:夏山の賦
(1)浅草岳山頂にて
(2)沢へ
(3)朝の湿原
(4)ブナの森盛夏
(5)夏山の種々相
南会津の山ガイド
概念図
参考文献

あとがき

*写真Noの色について
1:,2:,・・・はポジフィルムをスキャナーで取り込んだ画像
6:,・・・はデジタルカメラで撮影した画像

戻る



〒187-0004
東京都小平市天神町1-228-2オーベル花小金井402
FAX:042-332-3582
Email : suzukims@bunakou.com

Copyright(C)2002 Bunanomori-Shashin-Koubou All Rights Reserved